IMG_20151130_0002.jpg

『立命館言語文化研究』/立命館大学国際言語文化研究所 27巻1号 2015年10月
「特集・西川長夫─業績とその批判的検討」

目次

第1回 戦後日本文学と国民国家論─廃墟の光を求めて─
中川成美「西川長夫『日本の戦後小説─廃墟の光』を考える──文学と戦争責任──」
Brett de Bary「廃墟の光に見られる「暗い絵」──西川長夫先生と野間宏──」
林 淑 美「非国民の反国民国家論──坂口安吾の謀叛──」
内藤由直「野間宏『真空地帯』と国民国家論──国民化される肉体の裂け目──」

第2回 国家イデオロギー装置としての大学──そこで研究・教育するということ
高橋秀寿「はじめに」
今野晃「国家のイデオロギー装置としての大学──西川長夫と批判的知の可能性──」
番匠健一「「廃墟」としての大学で生きること──国家イデオロギー装置と脱出の回路──」

第3回 韓国における国民国家論
高橋秀寿「はじめに」
金 杭「国民国家は「どう」超えられるべきか? ─韓国における西川長夫をめぐる議論を中心に─」
沈煕燦「ボナパルティズム論から私論へ──西川長夫の「国民国家論」と植民地朝鮮──」
原佑介「「引揚少年」としての西川長夫と韓国」

第4回 国民国家論の越え方
中本真生子「はじめに」
松塚俊三「「国民国家論」と世界史」
加藤千香子「国民国家論と戦後歴史学──「私」論の可能性──」
長志珠絵「国民国家論がたちあがるとき」
崔博憲「西川長夫の国民国家論と「移民」」

第5回 〈新〉植民地主義論の射程
西成彦「はじめに」
平野千果子「国民国家と植民地主義──最後の海外県マイヨットを手がかりに──」
中村孝之「西川長夫の著作における〈新〉植民地主義のテーマについて」
原口剛「都市の植民地主義と「棄民」──寄せ場・野宿の思想と実践からの問い──」
大野光明「〈新〉植民地主義論という光のもとで「沖縄問題」を考える──創り出される現場から──」

「西川長夫へのインタビュー(2011年、於ソウル)  パリの68年5月革命と日本/韓国への影響」
聞き手:金元、金杭 /訳:原佑介

立命館大学国際言語文化研究所 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/lcs_index.htm

トラックバック:

トラックバック URL:http://senryokaitakukibunka.blog.fc2.com/tb.php/89-643acb4b