上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェンスレス 第3号 

特集「廃墟の空間論・帰郷の反美学」

A5版、98ページ、2015年5月20日発行


(目次)

特集
占領と開拓の狭間で(はしがき)
(村田裕和)

稲垣足穂「有楽町の思想」論――グレゴリー夫人、ド・クインシー、ダンセイニ
(高木 彬)

廃墟と軍用道路――宮本百合子『播州平野』における被害と加害の重層性
(池田啓悟)

〈帰郷〉出来なかった引揚者をめぐって――安部公房『開拓村』論
(坂 堅太)


資料紹介
昭和前期の図像学――ガラス乾板から浮かび上がる群像
(伊藤 純)

研究ノート
貴司山治撮影映画『岡山と高知 作家同盟の講演旅行 一九三一、十一―十二』について
(萬田慶太)

書評
すべては紙芝居から始まった――加太こうじ『紙芝居昭和史』
(村田裕和)

映画レヴュー
占領期のアニメーション映画――丸山章治『ムクの木の話』
(禧美智章)

トラックバック:

トラックバック URL:http://senryokaitakukibunka.blog.fc2.com/tb.php/81-aee15d80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。