『昭和文学研究』 /昭和文学会 第64集 2012年3月
下記の成果が掲載されています。

池田啓悟「「雑沓」系列の射程-宮本百合子「雑沓」「海流」「道づれ」と社会主義リアリズム」
和田崇「研究動向:関西の雑誌メディア」

また、村田裕和著『近代思想社と大正期ナショナリズムの時代』の書評も掲載されました。
(評者:中山弘明氏)

00364_k.jpg

トラックバック:

トラックバック URL:http://senryokaitakukibunka.blog.fc2.com/tb.php/31-d134f0c7