第29回占領開拓期文化研究会を下記の通り開催します。

日時:8月26日(日)15:00~
会場:立命館大学衣笠キャンパス(究論館プレゼンテーションルームを予定)
アクセスマップ(http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/
キャンパスマップ(http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/kinugasa/


発表者、テキスト:

①佐藤貴之
【タイトル】「伊藤整「鳴海仙吉」のアイロニー ーー「得能五郎」との関係からーー」
【テキスト】
・伊藤整「鳴海仙吉」 →岩波文庫『鳴海仙吉』(2006)、『伊藤整全集5』(新潮社、1972)など
・伊藤整「得能五郎の生活と意見」 →『伊藤整全集4』(新潮社、1972)など

②松井佑生
【タイトル】「吉井勇日記を通して見る占領期京都(仮)」
【テキスト】特になし

③栗山雄佑
【タイトル】「〈証言〉と〈ノイズ〉をめぐって――沖縄文学における性暴力の記憶」
【テキスト】
・又吉栄喜「ギンネム屋敷」(『戦争×文学20 オキナワ 終わらぬ戦争』集英社 2012に所収)
・目取真俊「マーの見た空」(『目取真俊短編小説選集1 魚群記』影書房 2013 に所収)
・崎山多美『月や、あらん』(なんよう文庫 2012 )

(終了後、18:00~よりプリマヴェーラにて懇親会)

トラックバック:

トラックバック URL:http://senryokaitakukibunka.blog.fc2.com/tb.php/117-c9702bd3