proletaria.png

昭和戦前期プロレタリア文化運動資料研究会編
『昭和戦前期プロレタリア文化運動資料集』 丸善雄松堂 2017年10月
(編著者:足立元、雨宮幸明、池田啓悟、泉谷瞬、伊藤純、浦西和彦、鴨川都美、白井かおり、武田悠希、立本紘之、玉川薫、鳥木圭太、内藤由直、中川成美(代表)、正木喜勝、村田裕和、和田崇)


1920~40年代に発行、作成、配布、発信されたプロレタリア文化運動・左翼演劇に関する膨大な資料約3000点をデジタル化、9分類して検索と閲覧を可能にした。

国内4か所に散在する資料群(浦西和彦先生蒐集資料・小樽文学館所蔵 池田寿夫旧蔵資料・法政大学大原社会問題研究所資料・札幌大学所蔵 松本克平旧蔵資料)を収録し、関連資料をほぼ網羅している。

大阪・京都・神戸・名古屋など関連地域を都道府県別で検索することができ、地方文化運動の様相が初めて明らかとなる。
ビラ、チラシ、ニュース、檄文、パンフレット、ガリ版刷りの稀少雑誌、色鮮やかなミニポスター。失われやすい貴重資料を集成し、ここに勃興する大衆のエネルギーがよみがえる。

【URL】https://myrp.maruzen.co.jp/book/proletarian_cultural_movement/
【パンフレット】https://myrp.maruzen.co.jp/wp-content/uploads/proletaria.pdf

※本資料集刊行プロジェクトを牽引してくださった関西大学名誉教授 浦西和彦先生が、2017年11月16日にお亡くなりになりました。これまでのご指導に感謝するとともに、浦西先生のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。

17_renzokukoza flyer_1  17_renzokukoza flyer_2


2017年度立命館大学国際言語文化研究所連続講座「越境する民―接触/排除」  

主  催 立命館大学国際言語文化研究所
日  時 2017年10月6日・13日・20日・27日(毎金曜日)17:00-19:00
場  所 立命館大学 衣笠キャンパス 創思館カンファレンスルーム
        ※キャンパスマップ30番の建物です。 衣笠キャンパスアクセス

【第1回】10/6(金)「パイレーツ・モダニティ――海賊、奴隷、資本主義」
報告者:   小笠原博毅(神戸大学)
コメンテータ:久野量一(東京外国語大学)
         米山 裕(立命館大学)
司会:     西 成彦(立命館大学)

【第2回】10/13(金)「アメリカ合衆国の国境の現在――難民、強制送還、移民制度と「排出」メカニズム」
報告者:飯尾真貴子(一橋大学)
     佐原彩子(大月短期大学)
司会:  米山 裕(立命館大学)

【第3回】10/20(金)「コンタクトゾーンとしての上海:文学・メディアから浮かび上がる対立の諸相」
報告者:   大橋毅彦(関西学院大学)
        木田隆文(奈良大学)
        堀井弘一郎(日本大学)
コメンテータ: 西 成彦(立命館大学)
司会:     内藤由直(立命館大学)

【第4回】10/27(金)「チャイニーズ・ドリームの光と影―中国におけるアフリカ系コミュニティの形成と交易」
報告者:   ウスビ・サコ(京都精華大学)
コメンテータ:佐久間香子(立命館大学)
報告者・司会:小川さやか(立命館大学)

※事前予約不要・聴講無料
→詳細ポスターはこちら(PDFファイル)

2016年3月13日、立命館大学において、第22回研究会が開催されました。
今回は2件の研究発表と、同じく2件の合評会が行われました。
以下にその様子をご報告致します。


・研究発表1
奥村華子氏「労働とエネルギー 鉱山/汽車/海上―坑内から〈外の世界〉へ―」

 炭鉱労働者がプロレタリアートとして編成される際に起こる運動全体への影響を、「エネルギー」を視座に考究する報告であった。本発表では、直接配付制という特徴を有し、読者共同体が強く意識されていた『戦旗』を主な例として、そこに発表された三つのテクストが横断的に考察された。氏はまず、秀島武「汽車の中で」から、労働者の団結を物理的なレベルで可能ならしめるものとしての「汽車」に着目する。石炭という「エネルギー」の大量輸送手段でもある鉄道は、また、松田解子「風呂場事件」においても、その存在を強調的に看取できる。閉鎖的な労働の場である鉱山において、鉄道が「外の世界」との接続を象徴的に表出するものだという指摘は重要であろう。加えて、鉱山と同様、外地から隔たった特殊な労働環境である海上労働について、森山啓「年寄つた水夫」をもとに分析がなされる。海上労働や炭鉱労働は日常的に死と隣り合わせの状態にあり、そうした現場で働く労働者を、氏は運動において闘争の前衛に立つ存在として位置づけておられた。質疑では、プロレタリア文学内における労働の階層性や、『戦旗』の提唱する理論と実際のテクストとの差異をいかに評価するか、という点について議論が交わされた。「エネルギー」という観点から闘争のありようを動的に把捉していく、刺激的な論考であった。


・研究発表2
藤原崇雅氏「武田泰淳「うつし絵」における兪平伯」

 数多くの中国小説を残した武田泰淳が、特に親炙していた文学者・兪平伯に材を取った作品である「うつし絵」から、作家の企図を析出する試みであった。兪の随筆集に基づくかたちで構成された本作について、氏は典拠との比較を緻密に行う。さまざまな翻案によって、作中のユウ氏は皇帝と対蹠的な関係に布置されていることを、氏の調査は明確化した。しかし、物語はユウ氏と皇帝を徐々に重ね合わせてゆく。そこからは、「想像的な転倒」によって弱者を暴力的に加害してしまう「皇帝心理」が、皇帝からは最も遠いと考えられていたユウ氏の中にも萌芽しうる、そのありようが看取される。非人道的な振る舞いが、個人の人格や思想によって行われるのではなく、環境や制度によって発動するという暴力の構造を、泰淳は本作を通して表現している。兪平伯を、そうした暴力への思惟を泰淳にもたらす触媒として見る氏の論考は、極めて興味深いものであろう。本発表に対して、作中に登場する女性をどのように位置づけるのか、また、氏が抽出した暴力の構造をいかに理論化するかといった点を中心に質疑応答がなされた。比較的言及のなされていない泰淳の中国小説に対する氏の意欲的な取り組みは、泰淳研究の新たな地平を拓くものとして意義深いものである。


・合評会1
池田啓悟著『宮本百合子における女性労働と政治』を書き終えて
鳥木圭太氏・萬田慶太氏(聞き手)、池田啓悟氏(著者)

 池田啓悟氏の著書『宮本百合子における女性労働と政治――一九三〇年代プロレタリア文学運動の一断面――』(風間書房、2015年)についての合評会である。著者は、百合子がいかにしてプロレタリア作家になったのか、という問いに出発して、百合子のプロレタリア文学運動期から戦後に到るまでの諸作品を論じることで、そこに描きこまれた女性を取り巻く問題群と、プロレタリア文学運動の要請する理論との間にある矛盾を析出していく。本書について、フェミニズムおよびジェンダー理論への直接的言及があまり見られないのはどのような意図によるものなのか、また、百合子という作者主体および語り手の位相とその階層性をどのように処理するのか、という点を中心に議論が交わされた。また、著者が本書によって立ち上げようとした百合子の作家イメージについても、それをより具体的に掘り下げるような質問が提出された。百合子作品の中に残されている数々の矛盾を精緻に辿り、それを契機にテクストの読み直しをはかる池田氏の実践は警抜なものであり、合評会では上記のほかにも、会場全体で盛んな意見交換が行われたと記憶している。


・合評会2
禧美智章著『アニメーションの想像力』の著者に聞く
水川敬章氏・雨宮幸明氏(聞き手)、禧美智章氏(著者)

 禧美智章氏の著書『アニメーションの想像力――文字テクスト/映像テクストの想像力の往還――』(風間書房、2015年)についての合評会である。本書では、戦前の初期アニメーションである『煙突屋ペロー』から、泉鏡花「天守物語」や宮沢賢治「銀河鉄道の夜」、また押井守の諸作品などを題材に、文学・映画・アニメーションの多岐にわたる媒体を通じて往還的に伝播していく「想像力」の問題が論じられている。押井の発想やドゥルーズの「時間イメージ」を援用して、著者は映像テクストを「読む」際に要請される、観客側の能動的な「想像力」の駆使に着目する。この「想像力」という表現、また本書におけるその用法をめぐって、質疑では集中的に議論が展開された。また、アニメーションや映画といった共同制作による作品を取り扱う際に、制作者側の作者主体をどのように処理するのかという点も議論の俎上に載った。論者の主体をいかに位置づけるかという問題は文学研究のみにとどまるものではなく、そうした根底的な問い直しをも提起せしめる禧美氏の多角的な論考は、啓発的なものとして実感された次第である。


その後、懇親会場に席を移し、発表者を囲んでなごやかな歓談が交わされました。
(文責・加藤大生)
2015年12月27日、立命館大学において、第21回研究会が開催されました。
5件の研究発表が行われましたので、以下その様子をご報告致します。

・小玉健志郎氏「田沢稲舟「小町湯」考」

 田沢稲舟は、山田美妙との関わりなどで知られる明治期の閨秀作家である。本発表では、画師を志す青年が「湯屋」の番頭となり、婦人を観察して裸体画を描くという物語内容をもつ対象作品を、発表当時の女性美をめぐる言説や、明治20年代の裸体画論争を参照しつつ分析された。「小町湯」は物語の末尾において、青年の描いた裸体画が美術展覧会にて高い評価を受けるが、その裸体画の形象が、同時代における「美人」概念から差異化されたものであるという作品解釈は、これまでの稲舟研究を更新するものだろう。また、美妙「胡蝶」や黒田清輝「朝粧」をめぐる論争は先行論においてよく整理されてきたが、それら論争が示すところの裸体をめぐる認識の枠組の変容が、同時代の小説作品においていかに表象されたのかという点からしても、興味深い発表であったと感じられた。質疑応答の際に提出された、本作が女性作家によって書かれたことをどのように捉えるのかという意見や、出展された画が外国人によって買い上げられたことをどう解釈するのかといった点については今後応えていく必要があると思われるが、しかしながら、田沢稲舟という文学者の作家研究にはとどまらない射程を有した報告であったように思う。

・矢口貢大氏「愚痴をこぼす坑夫たち――宮嶋資夫『坑夫』論」

 プロレタリア文学萌芽期の書き手として知られる宮嶋資夫の代表作『坑夫』を、氏が継続的に考究される「愚痴の文学史」の観点から捉え直された。先行する『坑夫』研究では、登場人物・石井の抵抗が注目される一方で、愚痴をこぼす他の坑夫たちの位置づけが捨象されてきた。氏の問題設定により、石井以外の坑夫らの存在が前景化されたことは意義深い。また、本作における登場人物間の対立が、直接行動を掲げたアナーキストたちと、穏当な社会主義者が袂を分かった思想状況と重ねて読めるという指摘は刺激的なものであった。質疑では、茨城県・高取鉱山に職員として勤めていた作者の体験と作品生成の関わりや、同時代状況を整理する際、組合組織に至らない労働運動を行った田中正造のような立場に眼を向ける必要はないのか、といった議論が交わされた。なお氏は、これまで近松秋江などの私小説作家を対象とした論考を発表されている。明言こそされなかったものの、今回の発表を聴いて、一般的に離れたジャンルとして位置づけられるプロレタリア文学と私小説とが、「愚痴」という鍵語のもとに連絡していく可能性のあることに気づかされた。

・伊藤純氏「プロレタリア文化運動と三二年テーゼ――『昭和前期プロレタリア文化運動資料集成』から」

 大原社会問題研究所などに所蔵されている資料をデータ化し、現在『昭和前期プロレタリア文化運動資料集成』が作成されつつある。今回の報告はその作成に携わられている氏が、集成に収録予定の資料を批判的に検討されるものであった。中心的に取り上げられたのは、1933年築地小劇場にて行われた、日本プロレタリア作家同盟(ナルプ)の第六回大会中央委員会の報告である。報告は、たとえば資本主義の危機とソ連の素晴らしさの対比といった定型的表現に満ちているが、そのような表現は前年『赤旗』紙上に公表された三二年テーゼが源泉となっている。氏はそのことを指摘された上で、威勢のいい文章を発表していたそれら同盟が実際には機能を停止させていたこと、しかしながらプロレタリア文学者たちはその後重要な長篇作品を多く発表していったことを、貴司山治日記などを参照しつつ詳らかにされた。今回の考察を聴き、同集成の刊行によって、プロレタリア文化運動研究は飛躍的に前進することを確信した次第である。なお、質義の際には、三二年テーゼがどの程度二七年テーゼを意識していたのかといった質問や、テーゼが創作理論としては役に立たなかったのではという意見が寄せられた。

・内藤由直氏「安部公房「闖入者」と〈新〉植民地主義」

 アメリカ占領軍による民主主義の押し付けとして考察されてきた「闖入者」を、西川長夫言うところの〈新〉殖民地主義が現実化した昨今の状況の寓話として解釈する刺激的な議論であった。「闖入者」において住居を占拠する一家とKの対立を、単なる支配―被支配の関係ではなく、支配―被支配関係の内部において入れ子型に構造化されている搾取の構造(沖縄への基地の集中が正当化されている現状)だとしたところに、氏の卓見はあろう。なお、同時代言説という言葉が相当に流布しているように、近年の文学研究は、作品の射程を発表当時に限定することが暗黙のルールとなっているが、そのような動向に対する力強い批評を本発表から感じた。質義の際には、問題提起がもう少し作品本文に即したものであるべきだといった意見や、対象作品として戯曲形式の「友達」ではなく小説作品である「闖入者」を選んだ理由についての質問が寄せられた。私見としては、安部が高度に抽象的な方法を用いて作品を書いたこと自体に歴史性を看取できないのかという疑問は残ったが、しかしながら新たな解釈や資料の提示だけではなく、研究手法の刷新さえ予感させた本発表に対して、聴衆からは肯定的な意見の多かったことをここに記しておきたい。

・安藤陽平氏「安岡章太郎「月は東に」試論」

 同時代評や解説の類いは残されているものの、これまで詳細な分析の試みられてこなかった長篇『月は東に』を読み直す報告であった。氏はまず、安岡自身の自注や作品の冒頭場面において、通用している時間への疑念が提示されていることに着目された。その上で、李孝徳の国家的時間/個人的時間という概念を手がかりとして、日本という国民国家において共有される「戦後」という枠組から零れ落ちる個人的記憶の領域を開示する論証が行われ、この手続きは極めて説得的であった。ただ、時間概念の整理の際、現実/架空という対立項が援用されたが、両時間の対立は事実性によっているのではなく、むしろ仮構性によって基礎づけられている(想像されている時間/うまく想像しえない時間)ように思われるが、これは愚考かもしれない。また、質義の際に提出された、時間の要素が作中の空間的要素――日本とアメリカ――とどのように交錯するのかという意見は、重要な指摘であると感じた。なお、今回の発表が一部の作品に論考が偏っている安岡研究の現状に、新風を吹き込むものであったことは言うまでもない。

その後、懇親会場に席を移し、発表者を囲んでなごやかな歓談が交わされました。
(文責・藤原崇雅)
81TJSMWoKKL.jpg

禧美智章『アニメーションの想像力─文字テクスト/映像テクストの想像力の往還─』
が刊行されました。
風間書院 2015年10月 ISBN:978-4-7599-2089-5 7,000 円+税 
立命館大学文学部人文学研究叢書5

目次


第一章 「アニメ」と「アニメーション」
第二章 アニメーションと〈新〉植民地主義
第三章 日本における初期アニメーションの批評性―『煙突屋ペロー』と『海の神兵』
 第一節 『煙突屋ペロー』とプロキノ
 第二節 アニメーションと植民地主義―『海の神兵』
第四章 戦後アニメーションの胎動
 第一節 占領政策とアニメーション―熊川正雄『魔法のペン』から
 第二節 東映動画の『白蛇伝』―戦前と戦後を繋ぐアニメーション
第五章 文学と映画、アニメーション―文字テクストから映像テクストへ
 第一節 泉鏡花「天守物語」の視覚性―戯曲・映画・アニメーションの比較から
 第二節 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」の視覚性―その多様な読みの可能性をめぐって
第六章 映画監督、押井守の挑戦―『イノセンス』『立喰師列伝』
 第一節 押井守『イノセンス』における「2Dと3Dのズレ」
 第二節 押井守『立喰師列伝』における「実写とアニメの融合」
第七章 文字テクストと映像テクストの往還―『スカイ・クロラ』における「時間イメージ」から
結び
フィルモグラフィー
初出一覧
後記

風間書院 https://www.kazamashobo.co.jp/products/detail.php?product_id=2094
amazon  http://www.amazon.co.jp/dp/4759920897