〈第30回占領開拓期文化研究会〉
・日程 12月29日(土)

・時間 13:30〜19:00

・場所 同志社大学「室町」キャンパス(寒梅館6階会議室)
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/muromachi.html#campusmap
https://www.doshisha.ac.jp/kambaikan/facility/list.html

・懇親会 中国菜 燕燕 税込 ¥4000(19:30~21:30)
http://en-en-kyoto.com

・発表内容
① 王洋「阿部知二の<上海もの>における新女性―田村俊子・関露・雑誌『女声』との関連性を手がかりに―」
作品:阿部知二「緑衣」「陸軍宿舎」(阿部知二全集)

② 森祐香里「池田みち子「腐肉」論」
作品:池田みち子「腐肉」(「三田文学」1948/3)

③ 倉地悠「吉行淳之介「決闘」に見る病いの実体化のプロセス」
作品:吉行淳之介「決闘」「治療」(吉行淳之介全集第1巻)

④ 林麗婷「小田嶽夫『望郷』試論」
作品:小田嶽夫『望郷』(1964,学習研究社)
第29回占領開拓期文化研究会を下記の通り開催します。

日時:8月26日(日)15:00~
会場:立命館大学衣笠キャンパス(究論館プレゼンテーションルームを予定)
アクセスマップ(http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/
キャンパスマップ(http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/kinugasa/


発表者、テキスト:

①佐藤貴之
【タイトル】「伊藤整「鳴海仙吉」のアイロニー ーー「得能五郎」との関係からーー」
【テキスト】
・伊藤整「鳴海仙吉」 →岩波文庫『鳴海仙吉』(2006)、『伊藤整全集5』(新潮社、1972)など
・伊藤整「得能五郎の生活と意見」 →『伊藤整全集4』(新潮社、1972)など

②松井佑生
【タイトル】「吉井勇日記を通して見る占領期京都(仮)」
【テキスト】特になし

③栗山雄佑
【タイトル】「〈証言〉と〈ノイズ〉をめぐって――沖縄文学における性暴力の記憶」
【テキスト】
・又吉栄喜「ギンネム屋敷」(『戦争×文学20 オキナワ 終わらぬ戦争』集英社 2012に所収)
・目取真俊「マーの見た空」(『目取真俊短編小説選集1 魚群記』影書房 2013 に所収)
・崎山多美『月や、あらん』(なんよう文庫 2012 )

(終了後、18:00~よりプリマヴェーラにて懇親会)

第28回占領開拓期文化研究会を下記の通り開催します。

・日時:3月25日(日) 14:30~18:00
・開場:同志社大学今出川キャンパス 弘風館4階47番教室
(交通アクセス:https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
(キャンパスマップ:https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html#campusmap

・発表者(敬称略)
 《奥村華子》
 「語/騙られる炭鉱――井上光晴『虚構のクレーン』を中心に」
 ・井上光晴『虚構のクレーン』(『現代批評』1958年11月~1959年9月連載)

 《井上大佑》
 「消費される戦争――筒井康隆「ベトナム観光公社」論」
 ・筒井康隆「ベトナム観光公社」(『SFマガジン』1967年5月)

 《伊藤純》
 「"プロ運動資料集を読む会"のご紹介
  ――山田清三郎アンケートを読む会第一回経過報告」

・懇親会 18:30~

第27回占領開拓期文化研究会を下記の通り開催します。

日時:2018年1月21日(日)14:00〜17:30
場所:立命館大学衣笠キャンパス 清心館503号室
(キャンパスマップ http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/kinugasa/ 10番の校舎)


発表内容:

1. ヴレタ・ダニエル「武田麟太郎「ある除夜」について」
テキスト〜『武田麟太郎全集 第一巻』(1977、新潮社)

2. 藤原崇雅「武田泰淳『中国忍者伝 十三妹』における白話小説の受容」
テキスト〜全集9巻(1972、筑摩書房),中公文庫(2002)など

3. 轟原麻美「〈明治百年〉における小説と歴史学――司馬遼太郎「坂の上の雲」論」
テキスト〜『司馬遼太郎全集』第24~26巻(1973、文藝春秋)

懇親会:18時〜 スパゲッテリア・プリマヴェーラを予定
第26回占領開拓期文化研究会を下記の通り開催します。

・日時 8月27日(日) 13:00~17:30
・会場 同志社大学 寒梅館6階 大会議室(室町キャンパス)
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/muromachi.html?kambaikan_building#campusmap

《坂崎恭平》
「永井荷風『冷笑』論」
・『荷風全集』第7巻, 1992, 岩波書店

《伊藤純》
「「物語」と「読者」を繋ぐものについての考察
 中野重治「春さきの風」、小林多喜二「テガミ」、村上春樹「蛍」から」
・『中野重治全集』第1巻, 1996, 筑摩書房
・『小林多喜二全集』第3巻, 1982, 新日本出版社
・『螢 納屋を焼く その他の短編』2010, 新潮文庫

《中井祐希》
「横光利一「厨房日記」論」
・『定本 横光利一全集』第7巻, 1982, 河出書房新社
・『機械・春は馬車に乗って』1969, 新潮文庫
・『欧州紀行』1937, 創元社(NDLデジタルコレクション)
・青空文庫

《加藤大生》
「〈パン・フォーカス〉の歴史認識――花田清輝「画人伝」論」
・『花田清輝全集』第15巻, 1978, 講談社(『室町小説集』第2章)

・懇親会 18:00~ Asian Restaurant 芙蓉園
続きを読む