【第33回占領開拓期文化研究会】

日  時:2019年12月26日(木)

研究会 13:30〜 忘年会 18:00〜

場  所:同志社大学室町キャンパス 寒梅館6階大会議室

会場アクセス:京都市営地下鉄烏丸線 国際会館行「今出川」駅上がって北へ2〜3分

忘年会会場:イタリアンレストラン uenoyama


【発表次第】

1、 後藤大介(同志社)
二人のトニー ──村上春樹「トニー滝谷」論──(仮題)
・対象作品:村上春樹「トニー滝谷」
※『村上春樹全作品1979〜1989⑧』(講談社、1991年7月)、『レキシントンの幽霊』(文藝春秋、1990年10月)

2、 加藤大生(同志社)
・タイトル:享楽としての「敗北」――花田清輝「大秘事」論――
・対象作品:花田清輝「大秘事」(『世界』1966/10)
※『花田清輝全集 第十三巻』(1978、講談社)、花田清輝『鳥獣戯話・小説平家』(1988、講談社文芸文庫)

3、 八原瑠里(立命館)
・タイトル:横光利一「青い大尉」試論(仮題)
・対象作品:横光利一「青い大尉」(1927/1) 、「青い石を拾つてから」(1925/3)
※『定本横光利一全集 第二巻』(1981/8)
※ 「青い石を拾つてから」への言及は参考程度とのことです。
〈第32回占領開拓期文化研究会〉

-----------------------------------------
日  時:2019年9月15日(日)
場  所:大谷大学 慶聞館4階K404教室
会場アクセス
京都市営地下鉄烏丸線 国際会館行「北大路」駅上がってすぐ
JR京都駅から乗車時間約13分

プログラム
幹事あいさつ 14:00〜14:10
研究発表1 14:10~15:10
 中井祐希(立命館大学)「戸坂潤の全集未収録作品について」
研究発表2 15:20~16:20
 坂堅太(三重大学)「〈垂直〉を解体する―安部公房『榎本武揚』のアクチュアリティについて―」
研究発表3 16:30~17:30
 栗山雄佑(立命館大学)「目取真俊『眼の奥の森』論――残響する声・傷付けられる身体」

臨時総会  17:30〜18:00

懇親会 18:30〜20:30頃
※市場小路 北大路ビブレ店(予定)
※1人あたり4,000円程度
-----------------------------------------
〈第30回占領開拓期文化研究会〉

・日程 4月21日(日)
・時間 15:00〜18:00
・場所 立命館大学 衣笠キャンパス 学而館312教室   
アクセスマップ(http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/)
キャンパスマップ(http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/kinugasa/)

・懇親会 Trattoria LEON 北野白梅町店 税込 ¥3500(18:30~20:30)
(https://localplace.jp/t000429002/)

①佐々木幸喜  (15:10~16:10)
「安部公房「デンドロカカリヤ」の素材と構成」
テキスト: 安部公房「デンドロカカリヤ」(1949年4月、「表現」)(『安部公房全集』第2巻(1997年9月、新潮社)に収録)
※全集3巻、新潮文庫に収録されているものは、改稿された「ユリイカ」版です。ご注意ください。)

②轟原麻美  (16:30~17:30)
「司馬遼太郎『坂の上の雲』論―柳原極堂「友人子規」との比較から―」
テキスト: ・司馬遼太郎『坂の上の雲』(文春文庫『坂の上の雲』1999/『司馬遼太郎全集』24―26巻、文藝春秋社、1973)
・柳原極堂「友人子規」(『子規研究資料集成 回顧録編1 俳諧風聞記、友人子規』、クレス出版、2012)
〈第30回占領開拓期文化研究会〉
・日程 12月29日(土)

・時間 13:30〜19:00

・場所 同志社大学「室町」キャンパス(寒梅館6階会議室)
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/muromachi.html#campusmap
https://www.doshisha.ac.jp/kambaikan/facility/list.html

・懇親会 中国菜 燕燕 税込 ¥4000(19:30~21:30)
http://en-en-kyoto.com

・発表内容
① 王洋「阿部知二の<上海もの>における新女性―田村俊子・関露・雑誌『女声』との関連性を手がかりに―」
作品:阿部知二「緑衣」「陸軍宿舎」(阿部知二全集)

② 森祐香里「池田みち子「腐肉」論」
作品:池田みち子「腐肉」(「三田文学」1948/3)

③ 倉地悠「吉行淳之介「決闘」に見る病いの実体化のプロセス」
作品:吉行淳之介「決闘」「治療」(吉行淳之介全集第1巻)

④ 林麗婷「小田嶽夫『望郷』試論」
作品:小田嶽夫『望郷』(1964,学習研究社)
第29回占領開拓期文化研究会を下記の通り開催します。

日時:8月26日(日)15:00~
会場:立命館大学衣笠キャンパス(究論館プレゼンテーションルームを予定)
アクセスマップ(http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/
キャンパスマップ(http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/kinugasa/


発表者、テキスト:

①佐藤貴之
【タイトル】「伊藤整「鳴海仙吉」のアイロニー ーー「得能五郎」との関係からーー」
【テキスト】
・伊藤整「鳴海仙吉」 →岩波文庫『鳴海仙吉』(2006)、『伊藤整全集5』(新潮社、1972)など
・伊藤整「得能五郎の生活と意見」 →『伊藤整全集4』(新潮社、1972)など

②松井佑生
【タイトル】「吉井勇日記を通して見る占領期京都(仮)」
【テキスト】特になし

③栗山雄佑
【タイトル】「〈証言〉と〈ノイズ〉をめぐって――沖縄文学における性暴力の記憶」
【テキスト】
・又吉栄喜「ギンネム屋敷」(『戦争×文学20 オキナワ 終わらぬ戦争』集英社 2012に所収)
・目取真俊「マーの見た空」(『目取真俊短編小説選集1 魚群記』影書房 2013 に所収)
・崎山多美『月や、あらん』(なんよう文庫 2012 )

(終了後、18:00~よりプリマヴェーラにて懇親会)