上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第28回 占領開拓期文化研究会 印象記(2018年3月25日:於同志社大学)

・奥村華子氏「語/騙られる炭鉱――井上光晴『虚構のクレーン』を中心に」

 長崎県崎戸炭鉱における朝鮮人労働者の差別問題。暗さとやりきれなさを描き出す本作に注目したことにまず価値ありだが、氏の報告が凡庸でなかったのは〈虚構〉という、可能性に満ちた領域への注目がなされた点にある。経歴詐称の疑いにさらされた作家・井上光晴の書きものを、実証主義的な真偽において裁くのでなはく、既存の真理性それ自体を問い直す新たなニセ=「語/騙」りとして定位する試みは、方法論として革新的だ。
 匂いをはじめとした労働者たちの身体的特徴が、異民族をヒエラルキー下層へと差異化する日本人の欲望をかりたてる過程も、本文より確認された。それを、悔恨共同体を基盤として安易に盛り上がりつつあったナショナリティに対する、戦中世代の批評として取り出した手つきに、鮮やかさがあった。炭鉱表象を継続的に研究されまた最近、在日朝鮮人による文学にも関心を広げておられる氏でなくては、成し得ない内容だったことは間違いない。
 作家情報についての詳細、方法論と作品内容のさらなる連絡、〈虚構〉として読む手がかりとなる引用箇所など、見取図を具体化せんとする方向の質問が、多くでた。個人的に頷いたのは、大西巨人と光晴の営為が似ているという指摘である。戦後において過去を振り返るなかで、実際の経験を超えた要素を混じえつつ、記憶や物語が構成されていくこと。ポスト真実という鍵語や、フェイクニュースの流行など、改めて真理性が問題にされる今日、新たなる〈虚構〉の領域の析出は、文学研究者が状況にコミットしていく確かな経路だと納得した。

・井上大佑氏「ゲストからキャストへ――筒井康隆「ベトナム観光公社」論」

 氏が積極的に言及されていたわけではないが、物語やその消費といった言葉が一時、批評を盛り上げたことを記憶される方も多いだろう。作家が読んだテレビ論を踏まえ、ベトナム戦争報道一連の言説を射程とした作品のアクチュアリティが析出された本発表は、実体的でないものが消費の欲望をあおりたてる、今日的な枠組がすでに六〇年代には高度な達成をみせていたことの証言としてあったように思う。筒井作品の系譜を熟知する氏らしく、消費の枠組からの逃走可能性をめぐって、後続の作品との書きわけが示されていた点も十分な作業量を感じさせた。
 ダニエル・J・ブーアスティン。氏はまず彼の社会学中の〈擬似イベント〉なる用語を丹念に読み込み、流行の新婚旅行先や人とは異なった〈面白さ〉を求める人物たちの興味のもちかたを、その影響下にある形象として定位された。丁寧な突合せ作業自体が先行論では看過されてきたようであり、僭越ながら発表者の真摯な姿勢を好もしく感じた。質疑に対する実直な氏の応答を通じて、そのような印象はさらに強まった。
 多様な角度からの質問があったが多くは、筒井の準備した枠組のなかで作品論を展開することが、作品を安易に消費してしまう姿勢に繋がってしまうことを危険視したものであった。先行論との異ならせ方に意識的であったし、報告の新規性が十分にあることはもちろんだが、そのうえで別の枠組からの見直しや、同時代の社会学者を超えていく指摘を期待する声が出た。南ベトナム大隊戦記をはじめとする言説の分析や、物語性を超える視覚的な刺激への欲望といった要素は、限られた時間のなかで捨象されていたとも思われたので、その盛り込みによって、論がさらに揺るぎないものになると確信した。

・伊藤純氏「"プロ運動資料集を読む会"のご紹介――山田清三郎アンケートを読む会第一回経過報告」

 今野賢三、加藤由蔵、中野正人、吉田金重、山川亮………。今となっては忘れられた、初期プロレタリア文学の担い手たち。運動史家・文学史家として著名な山田清三郎が1929年に実施したものの、公にされてこなかったアンケートが翻刻・紹介・分析された。『種蒔く人』や『新興文学』など雑誌を拠点として、ロシア10月革命に共振しつつ広がった〈大正労働文学〉、その書き手らが回答者である。その前年に蔵原惟人「プロレタリア・レアリズムへの道」が公にされ、主流は見えやすくなっていった。いまだ十分に明らかにされているとはいい難い前史の解明に、寄与する報告であった。
 昨年、丸善雄松堂より『昭和戦前期プロレタリア文化運動資料集』が刊行されたことは、本ブログでも以前に紹介しているが、アンケートはこの著作が編まれる過程で報告者の眼にとまったものである。1929年の実施と明記されているが、戦後に加筆された傍線の加筆もあることから、どう生成していったのか謎も多い。しかし「生地」「生年月日」といった基礎情報に加え、「略歴」「プロ文に入ってきた動機」「主な作品」がそれぞれの作家自身によって記されていることは、事実確認的な価値を軽く超えて、運動が歴史化されつつあったまさにそのとき、文学者たちが自らをどうそこに繰り入れようとしていた/していなかったかを明らかにする。スクリーンを使っての紹介もあったので、生資料ならではの雰囲気も存分に味わえた。たとえば、秋田雨雀の筆致は想像以上に神経質だ。
 『戦旗』/『文芸戦線』とそれ以前との世代間の確執や、清三郎がアンケートをとった理由など資料の基礎情報をめぐって、意見が交換された。一点ものの資料の扱い方に加え、その読み方の理想形が示された、興奮必須の報告であった。ただし、年度末ということもあってか、報告の内容に興味を持つであろうメンバーでやむなく出席できなかったものがいたのではなかろうか。なんらかのかたちで活字化され、資料として利用できるようになることを強く祈る。

・発表の終了後、会の今後についての報告がなされた。懇親会では議論の続きや、文学をめぐってのなごやかな歓談が交わされた。

                                                                     (文責:藤原崇雅)
スポンサーサイト
第28回占領開拓期文化研究会を下記の通り開催します。

・日時:3月25日(日) 14:30~18:00
・開場:同志社大学今出川キャンパス 弘風館4階47番教室
(交通アクセス:https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
(キャンパスマップ:https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html#campusmap

・発表者(敬称略)
 《奥村華子》
 「語/騙られる炭鉱――井上光晴『虚構のクレーン』を中心に」
 ・井上光晴『虚構のクレーン』(『現代批評』1958年11月~1959年9月連載)

 《井上大佑》
 「消費される戦争――筒井康隆「ベトナム観光公社」論」
 ・筒井康隆「ベトナム観光公社」(『SFマガジン』1967年5月)

 《伊藤純》
 「"プロ運動資料集を読む会"のご紹介
  ――山田清三郎アンケートを読む会第一回経過報告」

・懇親会 18:30~

第27回占領開拓期文化研究会印象記(2018年1月21日 於立命館大学)

ヴレタ・ダニエル氏 武田麟太郎「ある除夜」について

 ダニエル氏は、井原西鶴から影響を受けていた武田麟太郎に注目し、武田が西鶴を摂取した最初の作品である「ある除夜」の考察を行った。発表では、年譜や武田の記述を基に、彼が「大阪人」としてのアイデンティティとリアリズムの観点から西鶴を評価し著作に摂取した足取りを辿り、また武田が表現の自由を求め風俗作家に転向したことが示された。その上で、「ある除夜」について、西鶴「平太郎殿」との共通点と武田が焦点を当てた場面、作中に登場する労働者の「ヒソヒソ」と行われる運動の相談の描写、そして旧来の風景を圧迫するかのように進出する大資本に対する武田の批判意識が指摘された。
 発表の総括において、ダニエル氏が提示したプロレタリアを書くために「西鶴的に書く」ことに代表される武田の試みについては、個人的にも興味深かった。質疑でもあったが、作品で描写された近代的な空間の合間にある旧来の光景とのコントラスト、そして武田における「大阪人」というアイデンティティの問題など、今後のさらなる考察を聞きたいと思った。

藤原崇雅氏 武田泰淳『中国忍者伝 十三妹』における白話小説の受容

 藤原氏は、中国文学者としての経歴を持つ武田泰淳が、白話小説の大衆化を企図し執筆されたと推定される『中国忍者伝 十三妹』を取り上げた。そして、先行論が作品の主題に迫りきれていなかったことを踏まえ、典拠となった白話小説との差異、作品が表出した問題について考察を行った。考察では、泰淳が底本とした刊本の特定と作中で登場する人物の出典が示された。また、社会的な不正を英雄が正すといったメインプロットに、泰淳が『三侠五義』における韓少年の挿話を十三妹が話す〈ややこしい話〉として接合したことについて、女性に対する暴力によって清朝の腐敗を強調する物語が形成されたことが指摘された。その上で、十三妹が清朝における男女の不均等な関係に対する抵抗の記号として民衆に流通していることを示し、泰淳が十三妹の語らなさから一般の女性にならんとする女性を烈婦として主体化する暴力を記述したことが示された。
 藤原氏の発表の主軸に置かれていた女性に対する抑圧、暴力、そして女性を烈婦として主体化することの問題は重要な指摘であると思う。男性社会に対峙する女性に対する期待、そして消費が、1960年代において中国における烈婦、日本におけるくノ一といったキャラクターに担わされていたことについては、個人的にも考えたい問題であり興味深く聞いていた。


轟原麻美氏 〈明治百年〉における小説と歴史学―司馬遼太郎『坂の上の雲』論

 轟原氏は、歴史学を中心に論じられてきた司馬遼太郎『坂の上の雲』の文学性の検討を行い、作中における「天佑」といった言葉と主人公である秋山真之の関係について考察を行った。考察では、まず一九六七年の明治百年の祝賀とこれに対する歴史学者からの批判を踏まえつつ、作品が明治百年に併せて発表されたこと、2009年に作品がドラマ化された際に歴史学者から批判が相次いで発表されたことが示された。その上で、歴史的事象を書いていないことの問題、そして文学として解釈を行う必要性が提起された。その上で、作中において繰り返される「運」そして「天佑」に着目し、戦果を「天佑」と捉えることが歴史学の範疇を超えたものであり、かつ秋山真之に関連したものであるとした。そして秋山の伝記を援用しつつ、「天佑」といった非・歴史科学的な事象の描出によって文学の観点から戦争と一個人の関係が描かれていることが明らかにされた。
 「司馬史観」に代表されるような歴史学からの評価の合間から、文学として『坂の上の雲』を評価しようとした考察は、大変興味深いものであった。折しも明治百五十年を寿ごうとする昨今において、明治百年の祝賀に対する作品の位置を探る試みは意義深いものであると感じた。

 3氏の発表後研究会総会が行われ、事業報告の後に研究会の今後の活動についての提案が行われた。

(文責:栗山雄佑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。